MENU

2024.6.24
相続手続き
【2024年4月から開始!】相続登記の義務化についてわかりやすく解説
2024年4月1日から「相続登記の義務化」が施行されています。 相続により不動産を取得した際に、その登記を義務付ける新しい制度です。 「相続手続きがスムーズに進む」「不動産の所有者情報が正確に管理される」といったメリットが期待されています。 ですが、相続登記を怠ると過料が科されてしまうなど、注意が必要な面もあります。 今回の記事では、相続登記義務化の背景や手続き、注意点について詳しく解説します。 この新制度を理解して適切に対応することで、相続トラブルを未然に防げるようにしましょう。 相続登記とは? 「相続登記」とは、土地や建物、マンシ[続きを見る]
2024.5.23
生前対策・贈与
【不動産を活用して相続対策】不動産に関する相続税の仕組みや具体的な対策方法について解説
相続税負担を軽減する方法はいくつかありますが、メジャーな方法の一つに不動産の活用があります。 相続税は資産の大きさによって税率が変わる累進課税方式が採用されています。 そのため、資産を不動産に変えて評価額を下げることで、合法的に効率よく相続税対策を行うことができます。 しかし、よく理解せずにやみくもに不動産を選んでしまうと、相続税対策として効果がないばかりかマイナスになってしまう可能性もあります。 適切な相続税対策ができるよう、事前にしっかりと仕組みを把握しておくことが大切です。 今回の記事では、不動産に関する相続税の仕組みや、具体的にどのような節税ができるのか[続きを見る]
2024.4.22
生前対策・贈与
【知っておきたい遺言書の知識】遺言書の種類や書き方について徹底解説!
遺言書の作成は、遺族や相続人の負担を減らし相続を円滑に進める、重要な相続対策の一つです。 自分の意思や想いを遺言に残すことで、遺族や相続人間でのトラブルを回避することに繋がります。 さらに、遺言書を上手く活用することで、税金の最適化にも役立ちます。 ですが、遺言書は正しく作成できていないと効力を発揮されないことがあります。 また、しっかり保管できていなければ、紛失や盗難、偽造などのリスクが発生してしまいます。 今回の記事では、遺言書の種類などの概要や正しい作成方法などについて解説していきます。 遺言書とは 遺言書は、自分の死後の財産分[続きを見る]
2024.3.29
その他
【相続税の税務調査とは?】対象になりやすい人や、生前にしておくべき対策について解説
相続税は税務署に申告すればそれで終わり、というわけではありません。 法人税や所得税と同じように、相続税でも「税務調査」が行われます。 しかも、申請数に対する税務調査の実施率は、法人税や所得税よりも相続税の方が高くなっているのです。 また、国税庁が公表したデータによると、令和3年事務度の税務調査では87%以上で追徴課税が発生し、その平均追徴税額は886万円となっています。(参考:令和3事務年度における相続税の調査等の状況) そのため、相続税の税務調査を不安に感じている方も多いのではないでしょうか? ですが、申告の仕方や事前の準備次第では、税務調査がなるべく入らない[続きを見る]
【今からでも出来る相続税対策7選】税理士が薦める相続対策〜節税効果と注意点まで徹底解説〜の画像
2024.2.28
生前対策・贈与
【今からでも出来る相続税対策7選】税理士が薦める相続対策〜節税効果と注意点まで徹底解説〜
遺産総額が基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人数)以下であれば、相続税はかかりません。 ですが、基礎控除額を超えた財産は相続税の対象となるうえ、相続税は累進課税なので相続財産が大きいほど税額も高くなります。 「自分は関係ない」と思っていても、実は相続税の申告が必要だったり、予想よりも多くの相続税が発生してしまったりするケースも少なくありません。 相続税は生前の対策によっては、大きく税額を軽減できる可能性のある税金です。 残された家族の負担を減らすためにも、相続対策をしっかり行なっておくことは大切です。 今回の記事では相続税対策に有効な方法について、[続きを見る]
【相続税を抑えたい方必見】ココが変わった!令和6年以降の生前贈与で気を付けるポイント
2024.2.28
生前対策・贈与
【相続税を抑えたい方必見】ココが変わった!令和6年以降の生前贈与で気を付けるポイント
財産を引き継ぐ方法には、主に「相続」と「生前贈与」の二つの方法があります。 生前贈与は相続対策に有効な手段の一つだと認識している人も多いのではないでしょうか? 実際に、生前贈与を上手く活用することで、税負担を軽減できるなどのメリットを得られます。 ですが、しっかりと制度を理解して行わないと、きちんと相続が行われなかったり予想外の金額負担が発生したりしてしまいます。 特に、生前贈与に関係する「贈与税」は令和5年度税制改正により、制度が大幅に見直されています。 今回は、贈与税や生前贈与の概要や注意点についてご紹介致します。 贈与税が今後どのような税制となるのか[続きを見る]
よく読まれているコラム
初回相談無料お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ
営業時間 平日 9:00〜18:00事前のご予約で夜間・土日祝もご対応いたします。
メールでのお問い合わせ
お急ぎの方や直接話したい方はお電話ください。